トイレリフォームと水漏れ対策とは

トイレリフォームと水漏れ対策とは トイレの水漏れが気になるときは、リフォームをして対策することも可能です。トイレリフォームを検討する理由として多いのは古くなったり故障したことなどが中心ですが、リフォームをして一新すれば改善できます。また、リフォームすることで新しい機能性をプラスできるなど、多くのメリットがあるのも特徴です。

故障する前にリフォームするパターンもあれば、故障をきっかけにリフォームするパターンもあります。故障した後だと、すぐに対策が必要になるので、十分なプランが練れない場合もあります。この場合は素早く対応してくれる業者を選び、事前に相談すると修理を兼ねてのリフォームに対応してもらえる場合もあります。

■水漏れを疑う症状について

リフォームをする場合に、できれば大幅な修理が不要な段階で計画を立てたいものです。多くの人は水が多く漏れ始めてから気付きますが、前兆がある場合も多くあります。前兆出ている時点で気付くことができれば、リフォームのプランを立てながら対策を行うことが可能です。
便器に水が少量漏れている場合、どこからか漏れているような音がする場合、トイレの床が濡れている場合は要注意です。また、ウォシュレットが動かない場合やトイレの水が流れにくい場合も水が漏れることが原因の可能性があります。これらの症状が現れている場合は、早めに業者へ連絡しましょう。見積もりや点検を無料で対応してくれる業者も多く、このような業者を選ぶと安心です。

トイレリフォームで水漏れ対策する利点とは
リフォームのメリットは、新しいトイレに交換できることです。設置してから時間が経過していると、多くの部品が劣化しています。水が漏れている場所の部品を交換しても、すぐに他の場所が劣化して修理が必要になるケースも少なくありません。トイレを一新することは、多くの部品を新品にするので、リフォーム後は他の部品の故障の心配が少なくなります。
また、機能性を追加できるのもリフォームのメリットになります。新しくバリアフリーの機能を追加することやウォシュレットの機能をつけることも可能です。最近のトイレは節水や節電機能が高くなっているため、光熱費の削減も期待できるでしょう、また、リフォーム後は保証がついている業者も多く安心です。

■トイレの水漏れリフォームでかかる費用

リフォームで気になるのが費用です。水漏れを機に、大幅にリフォームするのであれば、本体代や交換費用以外に床の張り替えや天井、壁紙の張り替えなどの費用も必要になります。すべてをリフォームしたとしても、安く抑えれば総額でかかるのは15万円程度です。本体の交換だけであれば、8万円以下に費用を抑えてリフォームを行うことも可能です。リフォームは費用がかかるイメージがありますが、修理より安い場合もあります。
また、全体的なリフォームをする場合でも細かな金額の計算は不要で、すべてがコミコミの金額で計算してもらうことも可能です。業者によってはリフォームの見積もりを無料で行ってくれるところもあるので、あらかじめ見積もりしてもらっておくと計画も立てやすいでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れが気になる場合は、リフォームするのも方法の一つです。リフォームすることで、水が漏れることによって発生する損失を抑えられることや、新しい機能を追加できるなどのメリットがあります。
リフォームにかかる費用は無料で見積もりできる業者もあります。水漏れがひどくなった後だとリフォームのプランを十分に練ることができないので、少しでも気になる症状が現れた場合は早めに対応しましょう。さらにアフターフォローもしっかりと対応する実績がある業者に依頼すること安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース